TOP > 海外研修・ツアー > ドイツ認知症支援視察2018

ドイツ認知症支援視察2018

ドイツにおける認知症の早期支援について

浦上克哉先生ご同行によるヨーロッパ各国への認知症支援視察研修は、 参加された方々から大変ご好評いただいており、 4回目となる研修企画を只今準備しています。 今回は、 医療・保健・福祉・教育各分野で安定した政策を推進している国ドイツを訪れ、アルツハイマー協会をはじめ、 認知症の方や家族を支援する施設訪問や、 ミュンヘン大学やフランクフルト大学の認知症予防研究機関を訪問し、 最新の認知症予防についてのトピックスや、アルツハイマー型認知症という疾患概念を確立したアイロス・アルツハイマー博士の歴史に触れ、 学びを深めていただく研修内容を予定しています。 移動では、 ロマンティック街道沿いの街を訪れ、散策のお時間がございます。 皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

同行解説

浦上 克哉先生(鳥取大学医学部 教授)

研修時期

2018 年 3 月 24 日(土)〜3 月 30 日(金)

訪問先

ドイツ/フランクフルト、ミュンヘンなど

旅行代金

2017 年 11 月発表予定(前回参考料金 495,000 円)

募集人員

20 名 (最少催行 16 名)

募集締切日

2018年01月21日(日)

研修内容

主な視察先(予定)

●ミュンヘン大学ドイツ神経変性疾患研究所(DZNE)または脳卒中および認知症研究所
認知症研究、予防のための診断率向上啓発、専門職教育などのお話を伺う。

●フランクフルトアルツハイマー協会
協会の歴史、業務、実際の役割や取り組みなど

●アルツハイマーの生家の見学
内容の詳細・参加申込書(PDF)のダウンロードは下記のボタンよりお願いします。 プログラム(PDF)
INDEX
海外研修・ツアー
オーダーメイドツアー
参加者の声
リバティ・インターナショナルとは
リバティ・インターナショナル 事業概要
リバティ・インターナショナル 沿革
リバティ・インターナショナル 個人情報保護方針